投資用中古マンション

自分が住むためのマンションではなく、投資用や利回り物件といった冠のつく中古マンションがあります。
大抵は通勤や通学に便利で駅から近い好立地の場所にあるワンルームなどの中古マンションです。



投資家がローンを組んでマンションを買い、賃貸にすることで定期的な収入を得るという投資手法です。

この低金利の時代に投資利回り8%程度を実現できるとても有利な投資ですが、中古マンション購入という高いハードルがあるため、実現するには勇気とある程度の頭金が必要です。

まず、購入資金を現金で賄える人はほとんどいないのでローンを組まなければならないのが第1の障害です。

定期収入のあるサラリーマンならローンの申請も通りやすいのですが、毎月の返済額によっては申請が通らないので、出来るだけ頭金を多くすることが重要です。第2の障害は空室のリスクです。



常に部屋に借り手がいるとは限りません。部屋が空室の間は家賃収入がありませんので収入はゼロです。
たとえ借り手があったとしても家賃滞納をされた時のリスクも同様です。

第3の障害はローン金利上昇や諸経費の存在です。


ローン返済中に変動金利のローンなら金利が上昇するリスクもありますし、毎月支払う管理費などの諸経費も小さくありません。



これらの障害を念頭にして、賃貸用中古マンション投資を成功させる秘訣は、確固としたローン返済計画と空室保障、滞納保障など管理がきちんとした不動産投資会社とパートナーシップを結ぶことです。

施工実績 | 皆成建設株式会社に対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

会社案内 滋賀の注文住宅 | 華建築(HANAKEN)に関しての情報が閲覧できます。

一戸建ての立場をさらに詳しく調べてみませんか。